2006-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茅ヶ崎西浜@新人戦予選リーグ2節

 新チームになってから公式戦では負けなしの大清水は、おかげさまで本日の新人戦第2節の西浜戦も勝つことができました。これで藤沢市民総体,湘南地区大会,U17リーグ,新人戦すべて負けなしの13連勝(マンデーを入れると14連勝)となったわけですが、昨年までの実績と今年のこの成績により、当然他チームからのマークはきつくなります。本日の試合はまさにその象徴でした。
 今日の対戦相手西浜は、大清水が相手ということでモチベーションはものすごく高く、本当に集中しており、玉際の粘りや寄せの速さも素晴らしく、立ち上がりから怯むことなく積極果敢に攻めてきました。
対する大清水は完全に受けてしまい、『ooshimizuファン』さんがBBSに書いてくれたいつものプレッシングが効かず、中盤が空き、セカンドボールを相手に拾われ押し込まれ、『あわや』というところをGKがセーブするシーンも見られました。その後徐々に立て直したものの、結局前半は0-0。ほぼ互角の展開でハーフタイムを迎えました。
 しかし、そこで監督から戦う気持ちを注入されて臨んだ後半は、ほぼ相手コート内でのゲームとなり、再三攻め込んだ後の後半30分に、大きな展開から右サイドを崩して上げたクロスをファーに走りこんだボランチがきれいにヘッドでゴールに突き刺し、がんばり続けた西浜も力尽きたという内容でした。
 終了後には、喜びよりホッとした表情を浮かべたイレブンですが、今日の勝利(西浜のがんばり)は多くのことを教えてくれたと思います。
 まずは苦戦しながらも勝ちきることの大切さ。この繰り返しが本当の力、自信となっていくのです。
日本代表もW杯アジア予選では苦戦の連続でしたが、ここで勝ち抜くチームと善戦で終るチームの力の差はその点差では測ることができません。
また、コンフェデやW杯前のAマッチでは日本はブラジルやドイツに大善戦しましたが、そのニ国との差は周知の通りです。
 次に、試合に臨むときのハート。
前節で大勝した選手達は、『今回もきちんと勝たなければいけない』という余計なプレッシャーをもったまま試合に臨んでしまったようですが、最初から相手を圧倒するくらいの気迫を持ってぶつかっていった前節との試合展開の差を全員が痛感したはずです。
 大清水の選手達、みんなはまだまだチャレンジャーなんだ。結果なんて考えずに試合開始のホイッスルを聞いた瞬間から自分達のサッカーを目一杯やりきろう!(そして感想とかを意気込みなんかをBBSに書いてくれるとすごくうれしいんだけど・・・・)
 次節、アルバムページに流したテロップの通り、管理人は観戦できませんが、選手達への皆さんのあたたかいご声援をお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

«  | HOME |  »

プロフィール

forza ossc

Author:forza ossc

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。