2007-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新人戦ブロック優勝

いつも大清水高校サッカー部への熱いご声援ありがとうございます。
おかげさまをもちまして、長かった新人戦の最終戦(ブロック決勝)で、強豪淵野辺高校を4-1で破り、見事ブロック優勝する事ができました。
これで大清水は神奈川県ベスト8の称号と関東大会第1シードの座をつかむことができました。

以前も書きましたが、このチームには特別なスター選手がいるわけではなく、常勝チームでもありません。練習試合やU17でも負けることもありました。
しかしその中でもきちんと結果を受け止め、次のステップにつなげるべく、毎日汗みどろになりながら少しずつみんなでしっかりと力をつけてきました。そのひたむきな姿勢が今日の勝利という形で報われたことを素直に喜んでおりますし、本当に褒めてあげたい気持で一杯です。
サッカーの神様も満面の笑みを見せてくれました。

しかしこの優勝はようやくチームの第一歩を踏み出せたということにに過ぎず、まだまだ本当の強豪高校と呼ばれるには至っていないことも事実です。
確かに今日の結果を見れば強豪淵野辺相手に快勝したということはできますが、それがそのまま他の強豪高校に当てはまるということではなありません。例えばU17で淵野辺は1部で負け無しで逗葉に快勝していますが、大清水は今月の練習試合で逗葉に負けています。当然準決勝で淵野辺に負けた向上に勝てるということにもならないのです。

でも大清水は全員がそのことをしっかり理解しており、決して奢らず、これからも日々努力していきます。そして少しずつ結果を出し、少しずつ自信をつけ、これからも着実に間違いなく成長していきます。

来週はU17-1部昇格戦に臨みますが、神奈川の強豪は全て1部で頑張っており、ほとんどの大会でも優勝チームは1部から輩出されています。大清水はそこでもチャレンジャーとして戦い、1部参入を果たせるように頑張ります。

今後も大清水高校サッカー部への皆様の熱い応援を宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト

橘@新人戦3回戦

昨日の相手の橘高校は、川崎地区大会では決勝こそ桐光に1-2で惜敗したものの、準決勝まですべて5点差以上をつけて勝ち上がっており、またU17-3部ではぶっちぎりで首位を獲得、新人戦川崎予選でも最後取りこぼして第3シードに甘んじたものの、予選リーグ、シード決定トーナメント準決勝まで大勝しつづけてきた、かなりの強豪です。

その橘相手に大清水は攻め込まれた前半を1失点に抑え、その後よく盛り返して後半追いつき、一進一退の延長を戦いきり、PKの末歓喜の勝利をつかむことができました。
同時についに県ベスト16の称号(関東大会予選第2シード)を確保することができました。

このような苦しい戦いをものにできるか、できないかでは本当に大きな違いがあり、その積み重ねがその先に雲泥の差をもたらします。
そういう意味でも本当に貴重な勝利でした。

日々できる限りの練習をやりきり、多くの苦しい試合経験を積み重ねた大清水は、苦境においてもしっかり我慢することができ、また最後まで諦めずに喰らいつき、少ないチャンスでもそれをものにしてきちんと勝てるようになってきました。

そのような結果、今回のような薄氷の勝利をつかむことができたチーム、選手達には、本当の力がついてきたことを実感しています。
それは技術やスタミナだけではなく、日々の苦しい練習で培ってきた自信と精神の成長です。
本当に素直にうれしい限りです。

しかし、まだ今のままでは全く歯が立たない相手がいることも皆は知っており、この結果にも満足するのではなく糧として、大清水は更に次に向け走り続けていきます。

新人戦も残すは来週のブロック決勝のみとなり、これに勝利すると県ベスト8となり、関東大会予選第1シード獲得です。
更にその次にはいよいよU17-1部昇格戦が待っており、休む暇なく今日からまた猛練習です。

このような大清水高校サッカー部ですが、皆さんの益々の熱いご声援を宜しくお願い致します。

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
スタッフ、選手の皆さんは短いオフをどのように過ごされていますか?

さて、大清水高校サッカー部は昨年なかなか運に恵まれず、あと少しのところで悔しい思いを重ねてきましたが、最後に新人戦地区予選では最高の結果を残し、また、U17リーグ2部Bグループでは首位を守り、更に湘南フェスティバルで全勝と、最高の形で締めくくることができました。

今年は昨年末からの勢いでU17の残り1試合に勝ち、Bグループ1位を決め、その後すぐに戦う新人戦でもしっかり勝ってくれるものと思います。
更に、U17Aグループ(おそらく)首位の座間との1部入替戦に勝って1部参入を果たし、関東大会県予選で大ブレーク、高校総体予選でも実力どおりの結果を示し、選手権予選で素晴らしい結果を残してくれるものと期待しています。

少し欲張りすぎかもしれませんが、選手達はそれに値するだけの練習を積み、実力もついてきており、あとはほんの少しの運さえつかめればいいのです。

ところがそのほんの少しのために選手は昨年より更に少しだけ余分に努力しなければなりません。
その結果FWは3mm余分に踏み込むことができ、去年はポストにあたって入らなかったシュートが、今年は内側に跳ねゴールマウスに吸い込まれるし、DFは3mm余分に足を伸ばすことができ、去年はクリアできなかったシュートがポストにすくわれるのです。
そしてそれを人は『運』といいます。

更に少しだけ周りに目をむけ、スタッフや家族、応援してくれる人たちなど、自分たちが思い切りサッカーに打ち込める環境に携わってくれている人たちに、昨年より少しだけ余分に感謝しながらサッカーに打ち込んでみてください。サッカーの神様はそういう選手達に微笑んでくれます。

これもべつに変な諫言や格言ではなく、長い間僕がサッカーに関わってきた中で経験してきたことなんです。不思議なのですが、きっと同じようにサッカーに関わってきた人は皆そういうことを経験してきていると思います。

大清水高校サッカー部は今のままでも素晴らしいチームだと本当に思っていますが、でも今より少しでもいい思いをみんなにしてもらいたく、新年早々みんなに『そんなことは当たり前だ』と言われそうなことを長々とかきましたが、お正月ということでご容赦ください。

それでは本年も大清水高校サッカー部への熱いご声援を宜しくお願いいたします。

«  | HOME |  »

プロフィール

forza ossc

Author:forza ossc

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。