2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U17鎌倉高校戦を観て

今年のU17リーグが開幕し、今年こそ1部昇格をとの思いで臨んだ鎌倉高校との開幕戦に大敗(0-5)しました。
今までこんな負け方もしたことがなく、また、どこにも負けないぐらいがんばってきた2年生以下の選手達にとってはショックだったでしょう。
もちろん3年生にも。また、父兄やその他大清水を応援してくれている人たちにとっても。

でも選手たちは自分達の力を疑う必要なんてありません。
応援してくれる人たちも悲観しないで下さい。
前にも書きましたが、Jリーグでも前期大敗したチームが後期同じチームに同じスコアで大勝することは珍しくありません。
サッカーは流れひとつでこのような結果となるものなのです。

確かに鎌高のスリートップは得点感覚が優れた強力なFW陣であり、中盤のキーマンはすばらしいプレーヤーでポテンシャルも高く驚きました。
個人能力とチーム戦術を兼ね備えたこの鎌高の新チームは、これから相当の結果を出すだろうと思います。

でも、だから大清水は鎌高とこの点差分の力の差があるかというと、そういうことではないのです。
実際大清水も前半に2点目を失うまでは互角の戦いができており、ポゼッションでも劣るものではなかったんです。
個々の力もしっかり戦えるレベルにありました。

しかし、2点目を獲られてからは前に仕掛けるプレーも少なくなり、プレスも弱くなり、結果中盤を支配され、それを修正できずに失点を重ねてしまったというものです。
こんなにきれいに、しかも立て続けにゴールされることは珍しく、これ以上失点したくないという思いが無意識にでて、プレーが消極的になったことが大きいと思います。

でも、それでは何故互角の立ち上がりだったのに、相手は少ないチャンスできっちり先制、追加点を上げられたのか?
大清水は何故それを抑えられなかったのか?

それは相手のフォーメーションや戦術が分らなかったからだと考えています。
正直、相手がスリートップだった場合の戦いに慣れていなかった。
ツートップなら4人でマークを受け渡しながら余らせて守れるのですが、同じような感覚で守った為、逆サイドのFWにセンターとサイドバックとの間に走りこまれてやられるパターンを繰り返しました。
これを試合終了まで修正できず、結果気がつけば5失点、ということです。

でもスリートップと分れば次は戦い方はあるのです。
例えばスリートップフォーメーションは私が高校サッカー時代までは主流であり、その攻撃を防ぐ為にDFはスイーパーをおいていました。
そうすれば3枚で3人をマンツーマンで抑え、その裏を余ったスイーパーが抑えられます。(スリートップは新しいフォーメーションではないのです。)

次に攻撃面を考えると、スリートップチームはその裏のサイドのディフェンスは甘くなるのでそこを徹底的に狙うのも有効です。
たしかにサイドバックは相手のマンマークを優先するので攻撃参加しにくいのですが、相手は3人のFWなのでその分後ろの枚数は少なく、こちらはボランチを1枚で対処し、サイドハーフを置くことでサイドを支配してしまえば、相手スリートップも常に前を狙っているだけという訳にはいかなくなります。
これは一例で、その他研究すれば様々な対応の仕方があるのです。

ということで、とにかく今は次に向け気持を切り替えてがんばればいい。
こんな結果にとらわれることなく、自分達のやってきたことを信じてがんばろう!!

皆様も大清水高校サッカー部への益々の熱い応援を宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oshimizusc.blog77.fc2.com/tb.php/19-dfc323df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

forza ossc

Author:forza ossc

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。